元々まつ毛が少ない人でも簡単に増やせる方法

まつ毛が元々少ないからどうしてもボリュームアップしたい!つけまつ毛やエクステで自分のまつ毛が少なくなっちゃった人でも育毛剤「ケアプロスト」を使ってお気に入りのまつ毛を手にしれましょう!自分のまつ毛だったら負担も少なく痛めることも少ないから嬉しいはずです。

*

つけまつ毛やエクステでどうしてまつ毛が少なくなっちゃうの?

      2016/08/03

女性としての魅力を最大にいかしたいと思ったとき、どこに重点をおくかというと目であると答える人が多いです。 それだけ目元で変わることができるということにもなります。

つけまつ毛はその場で変化

人に会ったとき最初に見る部分が目元と言われるだけに、女性はその事を意識してアイメイクを入念に行います。 目にインパクトをつけるととても魅力的になれるとして、毎日マスカラやビューラー、つけまつ毛を使用します。

それらのアイテムは印象深い目元をつくるのに必要なものですが、女性の間ではビューラーでまつ毛をあげてマスカラをぬったり、接着剤を使ってつけまつ毛をつけるなどするのが面倒と思っている人が多いです。 アイメイクに関しては細かい部分だけに慎重になる必要がありますから、朝の忙しい時に時間を費やすことは出来ないと言うのです。

そこで最近、流行っているまつ毛エクステをやる人が増えています。

つけまつ毛のデメリット

つけまつ毛やビューラーは手軽に変化を手に入れられる反面、ダメージもあります。

つけまつ毛はのりを使っているので皮脂や汗などで取れてしまうことがあるということです。最近では取れないようにしっかりと粘着するのりが出ていますが、その反面、剥がすときに皮膚に負担がかかってしまいます。ビューラーもすぐに変化が出ますが、強くまつ毛を挟んでしまうと抜けることも多くなります。そこにマスカラをつけることが毎日のように続くとダメージは大きくなります。

まつ毛エクステは手間がない

まつ毛エクステとは人工の毛をグルーでつけて、インパクトのある目元を表現できるというものですが一般的に専用サロンで行われています。

一度まつ毛エクステを行えば毎日つけまつ毛をつけたり、ビューラーやマスカラも必要ありません。 ノーメークでも十分、目力がありますからすっぴんでも平気なわけです。

そんな手軽なつけまつ毛などや魅力的なまつ毛エクステですが、いくつかのデメリットもあげられます。

まつ毛エクステのデメリット

まつ毛エクステだけに限らずつけまつ毛にも同じことが言えますが、つけるときに使う接着剤がダメージの理由にあげられます。

専用サロンでまつ毛エクステをやってもらうと金額が高いというデメリットがあるため、最近は通販で売られているセルフまつ毛エクステを行う人が増えています。自分でやれるまつ毛エクステは十分注意をして行えば、費用も安くすんで経済的です。

そんな通販で売られている商品のなかには、しみないグルーが販売されています。

ケアをすることも大切

他にも気になる商品として、ダメージを考えずにすむ、まつ毛の育毛を考えてつくられた専用の薬剤などもあります。女性の中には、まつ毛エクステ等で量が減ったという人たちが専用の薬剤を使ってケアしています。